2013年6月30日日曜日

日常の贅沢展~内村慎太郎・竹花正弘~


日曜日です。

準備に追われています。


blogですが、意外と多くの人に見て頂いているのだなと、すでにたくさんお問い合わせがありまして嬉しい限りです。



7月3日から、お電話、メールにての販売も承りますのでどうぞよろしくお願い致します。


ということで、日常の贅沢展~内村慎太郎・竹花正弘編~です


どうぞ。


内村慎太郎

無地唐津平向付 五客組 ¥23,620-




玉子手小付 五客組 ¥18,370-




玉子手三寸皿 六客組 ¥22,050-





ここから竹花正弘編です


白瓷四方豆皿 ¥1,575- (一客)




唐津粉引湯呑 ¥3,150- (一客)



絵唐津小鉢 ¥3,150- (一客)



これですよ、なんといっても。

僕も以前衝動買いしてしまいました。


絵唐津五寸皿 ¥3,675- (一客)





次回は


中里花子編をお送りします。

女性にも人気なカップ類など、つい先日買い付けてきたばかりのものです。





ではまた



dai


日常の贅沢展




 もうすぐ 七夕です

7月3日より 「 日常の贅沢展 」を催します

今回は和洋の古き よきもの を集めてみました

日常、気がるに使える楽しいモノばかりです










バカラ ガラス小皿  5客  ¥32,550










古銅 小壺   ¥13,650





九谷 豆皿  5客  雀稲穂  ¥21,000

2013年6月29日土曜日

日常の贅沢展~岡本作礼~

皆さまこんばんは


今日は岡本作礼編です。


どうぞ


粉引若松文向付 ¥6,300- (一客)



絵唐津沓鉢 ¥5,250- (一客)



朝鮮唐津舟形向付 ¥7,350- (一客)



朝鮮唐津結文向付 ¥7,350- (一客)


皮鯨湯呑 ¥5,250- (一客)



唐津豆皿 ¥3,150- (一客)




ということで、


7月3日からの[日常の贅沢展」

出品作品 岡本作礼編でした。



明日は、




これもめずらしい、内村慎太郎、そしてなんと竹花正弘編をお送り。


竹花さんの物はこの前の展覧会とはまた別もの。窯だし直後の作品です。


お楽しみに。





dai



2013年6月28日金曜日

日常の贅沢展~中里重利~

皆さまこんにちは。


日常の贅沢展 作品紹介第一回目

中里重利編です。

どうぞ


※すべて税込価格です



唐津三島鉢 ¥294,000-


絵唐津片口 ¥105,000-



唐津片口 ¥84,000-



絵刷毛目徳利 ¥126,000-


粉引徳利 ¥126,000-


絵唐津亀甲向付5客 ¥126,000-



絵唐津向付(深) 5客 ¥63,000-



絵唐津沓鉢 ¥84,000-



黄唐津皿 5客 ¥126,000-


絵唐津八角皿 ¥21,000- (1客)




絵唐津皿  ¥21,000- (1客)


絵唐津皿  ¥10,500- (1客)


斑唐津ぐい呑 各¥84,000-




絵刷毛目盃、刷毛目盃 各¥42,000-





いかがだったでしょうか。

もちろん写真より実物の雰囲気は段違いですが、

ここまで食器が並ぶのは他ではありません。



明日は岡本作礼編です。

こうご期待です。



ではまた



dai





虹色の斑

おはようございます



ひとまず、これよりスタート。


中里重利 斑唐津ぐい呑  84000円




虹色です。



dai

2013年6月27日木曜日

日常の贅沢展

皆さまこんにちは


ようやく始まります。

日常の贅沢展。7月3日より



唐津の作家、とアンティークの洋食器、ガラスなど。


まず作家の個展などではこれほど食器は出品されないでしょう。


企画した方もした方で楽しみになってきました。



また今日届いた中里重利先生と岡本作礼先生の作品がとてもとてもよく、(思い通りの作品が届いたので)

これが唐津だーというクオリティの高さを見せつけられるようでした。



明日から作家に分けて出品作をすべてblogにてご紹介していきます。

こうご期待です。


それでは



dai

2013年6月22日土曜日

花子さんNHK

皆さまこんにちは


中里花子先生が、NHK佐賀の番組に出られています。

Webからもしばらくは見れるそうです。


http://www.nhk.or.jp/saga/yakimono/


ちょうどこの日、


「花子さんこんにちはー!!」と大声で窯元に入って行ったらちょうどインタビュー中で少し焦りました。


ごめんなさい、、


おかげで久々に花子さんの器を多く仕入れることができよかったです。


7/3からあじゅーるにて開催の「日常の贅沢」展にて、その時の作品も展示します。

皆さまご期待ください。


徐々にですが、作品が集まりつつあります。(いつもぎりぎりですが)




ではまた



dai


















2013年6月21日金曜日

榊山敬代 日本画展 "Air" 名古屋

皆さまこんにちは。


SAKAKiYAMA TAKAYO ”AiR” 7月17日~名古屋松坂屋美術画廊にて開催されます。


展示の雰囲気も事前に見てみたく、ギャラリーに飾ってみました。


これは公表していいのかどうなのか分からないので。DMの写真です。



いい感じです。

ちょっとギャラリーが涼しげになった気がします。


と、

焼き物の方ですが、



7/3 から、「日常の贅沢展」というタイトルで、食器を中心に展示会をします。

唐津の作家で皿や向付、お湯呑などなど、

久しぶりの出品などもあったり、面白くなりそうですよ。




そして、一番館のこちらの方で。


こういう特集をネット限定でやります。7/1より。

「夏のビアカップ特集」です。




この夏お気に入りのカップを。皆さん探されてみては。


ではまた


dai



2013年6月19日水曜日

"遊"

皆さまこんばんは


竹花正弘先生の展覧会も無事好評のうちに終了し、

今後処理に追われています。

食器はほとんど売れてしまい、人気の高さを再確認できる展覧会でした。

また今後もどのような作風になっていかれるか期待しています。


そして、なぜかこの前のblogで竹花さんといったピザ屋はどこですかとの問い合わせがあったりしたのでご紹介しておきますね。


レストランテ 寺崎 さん

http://www.r-terasaki.com/


ほんとにおいしいですよ。僕はピザとパスタとコンフィと白ワインがいつもの注文パターンです。









さて、先日ですが、

当ギャラリーでも常設展示をさせて頂いております中村宗弘先生がお越しになられ。

7月の新しい絵を飾っていただきました。





中村宗弘 「遊 ゆう」 2号



蝶々魚という魚で、よく水族館にもいますね。

奄美大島にもたくさんいて、種類も膨大にいるらしいです。

うろこの微妙なグラデーションなど、かわいらしさにもよく見ると細やかな技術が見て取れます。


中村先生にはいつも良くしていただき大変感謝しています。そしていつも優しい。

そんな先生は今年の夏大阪の心斎橋大丸にて個展されます。お近くの方はぜひぜひお立ち寄りください。




と、もう夜になってしまって、なんとなく今日もっていたので私物の紹介でもします。





苺文の懐紙入れと名刺入れ。


もう購入してから一年ぐらい使っていますか。

名古屋の坪屋さんというところのもので、徳川美術館認定の名物裂屋さんです。

実は残念なことにもうお店はなくなってしまいましたが、


なんと在庫をたまたま発見し(こういうのをデットストックといいますが)、即まとめ買いしたんです。

「擦り切れても、きれい」と、とある茶会狂いの方に教えてもらってからというものの僕もすっかりファンになってしまいました。

こういう小物にちょっとこだわるって楽しいです。


焼き物の写真でものせろというところですが今日はお休みということで。




ではまた。




dai













2013年6月17日月曜日

古き よきもの




今日は台風や大雨などの災や厄を

力いっぱい押し返す

「 塞の力神 」  気迫と力強さに、

思わず 頼りになりそう! です


 
 
 
松 梅花菓子器   ¥26,250
 
 
高さ 9センチ   直形 8,5センチ
 
松を驚くほどの薄さにくり抜き、美しいフォルムが創り出されています
 
その軽さにビックリです
 
ポイントに施された、螺鈿と金銀の蒔絵の梅花が、とても上品です
 
使い込むほどにツヤも増してくるでしよう
 
 

2013年6月13日木曜日




すっかり 梅雨空になりました

庭の紫陽花が雨に濡れて、しっとりとした感じがいいです


今日は 「月をみがく童子」 が登場です

あなたも、自分のツキをどんどん磨いて、

運をつけてください

 

 
 
 
この積み木のおもちゃは日本の戦前の物です
 
 
大中小13個の入れ子になっており、箱としても、積み木にも遊べます
 
木製に紙を貼り、その図柄が如何にも  ジャパン なのです
 
 
 
                 富士山あり  太鼓橋あり  五重塔あり
 

 
 
 
金太郎    浦島太郎    雀のお宿   かちかち山
 


              
 
 
 
何ともレトロで、懐かしくて、可愛い感じ
 
 
インテリアとして置いても楽しく癒される気がしますね    ¥13,650