2013年12月28日土曜日

年末、年始のお知らせ








皆様、お忙しくお過ごしの事と思います

今年も残すところ、もう3日となりました

本年も大変にお世話になり、誠に有難う御座いました


年末は29日(日)まで営業致しております

新年は2日(木)より営業致します

是非、お立ち寄り下さい。  お待ちして居ります。
 
 





2014年   1月1日(水)~1月22日(水)

そごう美術館  [ そごう横浜店6階 ]

      籔内佐斗司展    やまとぢから





2013年12月14日土曜日

例の展覧会


今更ながら、行ってきました。ギリギリ滑り込みです。

昨年から耳にタコができるほど話題に上がっていた例の展覧会です。



行かれる人によって見たい所も違うでしょう。

久々に拝んできました。喜左衛門。

何回見たか忘れましたが、手に取ってみたことはないです、、



僕の個人的な所で申し上げると、

見込み。見込みに動きがある。

見込みの中心が必ずしもへこんでいる訳ではなく、ちょっとずれた所が3箇所程へこみが見られます。

無意識に高台を削る時にへこんだものなのか作為的なのか分かりませんが、轆轤目とあいまって不思議な引き込まれるような景色を作り出しています。



そして、高台脇のシャープな削り部分から胴中心にかけて、胴中心から口縁にかけて。
2段階に分かれていると思いますが、ここの内側にかけての微妙すぎる曲線、

本当にわずかな、分かりづらいですがこの辺りが他の井戸と違うような気がします。

この色っぽい、艶っぽさが”なんか、いいね”と、誰にも思わせるような要因の一つではないかと。





なんでいいのか、という事を説明するのは難しく、ただ、デザインによって視覚を捉えた時、単純に、こんなものがなんで出来た、と言わせるような茶碗が喜左衛門のような気がします。



細かに見ていけばいろいろな要素が詰まっていて、カイラギが出て枇杷色で井戸茶碗の条件でとかよく言われますが、

いわゆる一般的なその条件を、限りなく引き立たせる立ち上がりや見込みの数ミリのバランス感覚、

影の部分がとても惹かれるところでしょうか。



久しぶりに見る有楽、細川など、青井戸の一連など、再認識する事が自分の中で多く、良い展覧会だったように思います。


図録が売ってましたが、写真が、色がまず違うのと見込みが載ってないのが残念。
まぁ写真ですからね。





しかし、あの韓国土、あれだけのものを作るとなると、難しいですね。
一歩間違えると、本当に見るも無惨なボウルになるような、萩にも似ているあの赤がでる土。軽そうな土。



軽そうな土を重そうに作る、

小さそうに見える物を大きく作る。



韓国で焼かれたのか、日本が注文で作らせたのか、萩あたりで秘密に作らせていたのか誰にも分かりませんが、いずれにせよ芸術的センスがないとこんなもの選ばないですし作らせないです。


やはり日本の昔の茶人や陶工はえらいですね。



dai


















ブロンズ展




師走になってしまいました


楽しい.。.:*・゚Merry-X'mas:*・゚。:.* ご予定はもう、お決まりですか


サンタ和顔施坊も、ウキウキといった感じです













12月24日(火)~31日(火)     籔内佐斗司ブロンズ展


そごう神戸店  新館7階  美術画廊


童子をテーマとした作品でユーモア溢れる独特な世界観を表現


ブロンズ作品を中心に木彫、版画作品も併せて展覧いたします


皆様、是非お越し下さい



2013年12月6日金曜日

明日から武末日臣 作陶展


準備中。


明日からお待ちしております。



青井戸。

個展の時ぐらいですね茶碗の種類も豊富に揃うのは。


青井戸茶碗って、青いから青井戸と言う訳ではないんですよね。
本当は形で分類されています。





井戸。高台をみると、良い温度で止まっているんでしょう、独特のやわらかさです。
DM、本当はこっちにしようかと迷いました。



黒釉白花の小皿。




実物はとてもきれいな粉引大徳利。
こういうのいいと思います。ぐっと首をすぼませて。

なんてことなさそうですが、眼を引きます。



狂言袴湯呑。サイズ感と轆轤がいい雰囲気出しています。



明日から2日間は武末先生もいらっしゃいます。

いろいろと説明もしてくださいますので、どうぞ皆さんいらしてください。


dai