2017年3月30日木曜日

入荷


内村慎太郎 新作展が開催中ではありますが、新入荷がいろいろとありましたのでご紹介。




番浦史朗 赤絵輪線小鉢or汲出

こぶりなサイズ感が使い易そうです。





小山冨士夫 赤絵酒盃 共箱
ころんとした形で、ぽてっとしていてかわいいです。



京都の作家さんの信楽花生。この肌感、色、なんてことなさが気に入りました。

ぜひ展覧会と一緒に見にいらして下さい。




4月1日に発売の別冊炎芸術、「茶器の逸品」に記事を掲載してもらいました。
四季に合わせた盆点で茶器をもっと身近にたのしもうというページです。

その他、現代の作家の最新作の茶器を紹介されていたり、いろいろインデックス的に載っているのでぜひ見てみて下さい。




dai

2017年3月24日金曜日

内村慎太郎 2017②






個別の撮影は間に合いませんでした、、

とてもたくさん並んでいますよ。


dai

2017年3月23日木曜日

内村慎太郎2017












うちでは、こういう内村慎太郎展です。

今日は茶碗、花入れ、お皿などでしたが、また明日時間があればアップします。


※ご予約、会期前販売は致しませんのでご了承下さい。

dai

2017年3月22日水曜日

内村慎太郎 新作展







内村慎太郎 新作展
 
会場 GALERIE AZUR 一番館東京店
会期 2017/3/25(土)-4/2(日) 11:00-18:00
 
作家在廊日 3/25,26
ACCESS 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル
お問い合わせ 03-6427-0029  info@1bankan.com


dai

2017年3月17日金曜日

狂言袴



武末さんから、「送っといたよ~」とゲリラ的に到着したぐい呑。

とてもいいです。





上 狂言袴杯
下 御本杯


dai

2017年3月15日水曜日

あか




蓋裏だけに橘の蒔絵です。



形もかわいく洒落てます。色も落ち着いていていいです。

昭和初めころ。


dai

2017年3月14日火曜日

2017年3月12日日曜日

竹花正弘




絵唐津片口

肌の色合いが落ち着いていていいです。
使うともう少しトーンダウンするかと思います。鉢としても使い易い大振りのサイズ。



絵唐津の小皿。こちらも、重宝する豆皿サイズですね。


dai




2017年3月11日土曜日



秦秀雄氏の特集。勝見さんの項、必見です。
どうやらWEB版では売り切れているらしく、書店、代官山蔦屋に3冊くらいあったかな。


残業じゃないですが、店に遅くまでいると今日は結婚式帰りの女の子たちがたくさん通ります。

廊下がめすらしく香水の匂いです。なんとなく気分の上がらない香りです。


BGMはこういう、気分が上がらないけど、大好きな曲です。



dai

2017年3月9日木曜日

ちょっとおでかけ



福岡へ入り、日帰りで唐津へ。

主に個展の打ち合わせでしたが、なんだかんだ少し仕入れも。

田舎は空気がおいしい。
川が流れて、緑があって、焼き物がたくさん。
何も買わずに帰るというのは不可避です。

とにかく田舎の、ほのぼのとした環境の中で、頭は必死に都会的で今っぽいものを探すのが中々難しいです。




いつもですが、飛行機の中や、電車の中で読む本を選ぶのがひそかな楽しみだったりします。

今回は最近読み始めたこういうのを。



美術書とは違い、いろいろな角度から物の見方があって面白いですね。
仕入れ分は箱が出来たらお店に並ぶ予定です。



dai