2017年11月4日土曜日

美濃 安洞雅彦 オリベ展 2


現在開催中の美濃 安洞雅彦 オリベ展。

今日はお茶碗の紹介です。ざっくりとした分類は以下のとおりです。



〇置いた時に高台に指が入らないぐらい、低いものが瀬戸黒 利休好みの筒型です。

〇織部好みの沓型の茶碗、そして絵が描かれていないものが織部黒。

〇彫が入り、絵が描かれた沓型の茶碗が黒織部。




黒織部茶碗


織部黒茶碗


黒織部茶碗


黒織部茶碗

瀬戸黒茶碗


瀬戸黒茶碗



安洞さんは茶碗はすべて薪窯焼成、引出黒です。

多少ぼこぼことした、いわゆる「ゆず肌」(ゆずの皮のような肌)を狙い窯から引き出しています。


10分引き出すのが遅れると、このぼこぼこ感は無くなり、釉薬は溶け、つるんとした肌になります。



dai



0 件のコメント:

コメントを投稿